ワークタフストーブ500 両面ガラス/WORK TUFFSTOVE500 薪ストーブ キャンプストーブ 冬キャンプ テントストーブ おしゃれ 大型窓ガラス 炎が見える 収納袋付



ワークタフストーブ両面ガラス(3面ガラス)


炎を見ながら暖まる冬キャンプ必需品の薪ストーブ
WORK TUFF STOVEはアウトドアライフを愛する台湾のファミリー企業WORK TUFF GEAR社によって生まれました。
長年にわたる研究開発の末アウトドアをする上で必要となる様々な機能を備えた薪ストーブを完成させました。
今回新登場として、前面ガラスと両面ガラスの3面から炎を眺めることができる両面ガラスとなり、薪ストーブの楽しみ方が増えました。



デザイン性と機能性を兼ね備えた安心のキャンプ薪ストーブ
正面ドア、サイドについた大きな窓ガラスから炎を見て楽しんでいただける贅沢な仕様の薪ストーブになっています。正面、サイドに採用しているガラスは水に濡れても割れない特別なものをしていますので、ストーブ天板の調理などもご安心してご利用いただけます。

薪入れのしやすい大開口の扉
薪を入れる時や炎を整える際にも便利な大開口の扉なので、薪の補充作業もラクラクです。
※写真はワークタフストーブの片側ガラスの写真となります。

空気の調整はスライド式
ワークタフストーブのロゴ下にあるスライドのつまみで空気の出し入れを調整し炎を調節できます。
スッキリとしたシンプルなデザインがなんとも言えません。


扉の開閉つまみはさりげなくブロンズ
扉を開閉するつまみのワンポイントがブロンズ色で、さりげないワンポイントアクセントになっておりおしゃれです。
耐熱グローブをしていても扱いやすい仕様です。


サイドは大型の窓ガラスで炎を楽しめる
独自の燃焼機能により、炉内で二次燃焼を起こしていますので、煙も少なく残る灰の量も少なくなっています。
本体のステンレスは厚みを耐久性を損なわないぎりぎりの厚さを採用、耐久性と軽さを追求した薪ストーブになっています。



ワークタフストーブ380と500の比較
コンパクトキャンパーには380を、鉄板調理をメインにするキャンパーにはワイドな500がオススメです。

ワークタフストーブ シリーズ一覧
ワークタフストーブ380 ワークタフストーブ500
ワークタフストーブ両面ガラス380 ワークタフストーブ500両面ガラス

ワークタフストーブ 別売りオプション
延長煙突35cm(1本入) 延長煙突45cm(1本入)
スパークアレスター テントプロテクター
45度角煙突 90度角煙突


品番 worktuff-t500
品名 WORK TUFF STOVE500両面ガラス/ワークタフストーブ500両面ガラス
サイズ(約) 組み立て時:26cm×54.5cm×266cm
収納時:26cm×50cm×30cm
煙突Φ:7.62cm
重量(約) 10kg
素材 本体:ステンレススチール
ガラス部位:耐熱ガラス(正面、サイド)
収納バッグ:ナイロン
付属品 ・本体
・煙突4本
・ダンパー付き煙突1本
・灰落とし用スクレーパー1本
・煙突蓋1本
・火格子1本
・ロストル1個
・収納バッグ1個


商品コード : worktuff-t500
価格 : 71,500円(税込)
ポイント : 715
数量